このたびの震災で、売上が減少した企業の皆様へ

2011年March17日(Thu)

最近の話題

このたびの東北地方太平洋沖地震において、 亡くなられた多くの方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心より御見舞い申し上げます。

今回の震災で売上減少を余儀なくされた企業の皆様に少しでも役に立つ情報をご案内させていただきたいと思っております。日本の未来のために、力をあわせてこの難局を乗り越えてまいりましょう!

<今回のご案内事項>
■日本政策金融公庫の緊急融資について
■計画停電に絡んだ休業に際しての休業手当の取扱いについて
■雇用調整助成金及び緊急雇用安定助成金について 
  ※ 助成金の内容については、こちらをご覧ください。

詳細は下記の「続きを読む」をクリックしてください



■日本政策金融公庫の緊急融資について

被災地で操業できなくなった企業だけでなく、首都圏において休業を余儀なくされたり、来客が減ってしまったことで資金繰りが悪化した場合、災害貸付が受けられる可能性があります。(既存貸付に上乗せで最大3000万円)
貸付期間は10年間(据え置き2年あり)、金利は本日現在2.25%です。

また、各自治体が様々な緊急融資策を出していますので、詳しくは貴社の最寄の自治体ホームページをご確認ください。


■計画停電に絡んだ休業に際しての休業手当の取扱いについて

首都圏で計画停電のために休業せざるを得なかった場合の従業員の賃金について会社の責任範囲についてまとめた通達が、厚生労働省から公表されました。
詳しくは、こちらをご覧ください。


■雇用調整助成金及び緊急雇用安定助成金について

交通手段の途絶により従業員が出勤できなかったり、来客がない等のため事業活動が縮小したり、計画停電の実施により、事業活動が縮小したりして、休業したことにより売上が以前より減少したときは、雇用調整助成金(または中小企業緊急雇用助成金)を受給できる可能性があります。
詳しくは、こちらをご覧ください。